FC2ブログ

美国探訪~旅館経営コンサルタントのまなざし~

温泉、旅館、地域風土、郷土料理、歴史的遺物、、、。 日本には多くの世界に誇るべき観光コンテンツが存在します。 日々、全国を巡礼しているコンサルタントの視点で、「美しい国~日本」を見つめなおします。

リファイナンス盛況時代!

ある金融機関様からクライアント先様旅館のリファイナンス案件でご連絡をいただきました。

こちらの旅館様はP/L上の利益は出ていますが、過去から積みあがった金利で出した利益を持っていかれている状況です。
メインバンクではありませんが、貸出比率2位の金融機関が主導となりスキームを構築中です。
経営改善計画書作成に当たっての業績見通しや、今後の戦略など話をしていました。

年次のP/L上の収益は出ていても、B/Sがガタガタ(現在の経営者に起因する負債ではなく、負債も引き継いだケースが多い)という旅館が多く、生かさず殺さずの方針で「放置」する金融機関が多いのも確かです。
しかし、今回の事例のように、「事業」そのものにフォーカスしメインバンクではない金融機関主導でのリファイナンスが盛況になってきました。
弊社のクライアント先様でも昨年、某大手地銀から某信金に借り換えを起こし、大幅に金利が下がったケースもあります。

金融戦国時代、抜本的な改革を行わず、方針として「放置」を慢性的に続けていく金融機関は、積極的な金融機関に乗り換えされてしまうでしょう。

ある経営者の方が
「うちの宿は金利取られすぎ。今度アディーレに相談してみようと思っているんです」
と笑いながらおっしゃっておられましたが、過去の金利は消費者金融もビックリのケースも多くあります。

「事業」を継続していくことに価値が見いだされていく時代になり、こういった歪なケースは様々な手法で正常化されていくことでしょう。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】
メールマガジン登録
プロフィール

大坪敬史

Author:大坪敬史
大坪 敬史

関西学院大学 文学部地理学科卒。
民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。
世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSフィード
FC2カウンター