美国探訪~旅館経営コンサルタントのまなざし~

温泉、旅館、地域風土、郷土料理、歴史的遺物、、、。 日本には多くの世界に誇るべき観光コンテンツが存在します。 日々、全国を巡礼しているコンサルタントの視点で、「美しい国~日本」を見つめなおします。

悪評高い楽天トラベルの「事後カード決済」を使って予約してみました。

箱根に出張でした。

翌日、朝一で東京に行くスケジュールになり、急きょ三島駅近辺でビジネスホテルをとることに。

せっかくの機会なので、宿泊業界で悪評高い楽天トラベルの「事後カード決済」を使い予約を入れ、ホテルに行きました。

フロントで、「大坪敬史です」と名前を言い、宿帳への記載を求められましたが、決済したクレジットカードの提示は求められませんでした。ちなみに、宿帳に記載するのは、氏名・住所・TELの3点です。

翌朝、チェックアウトする際にもカード提示を求められることはなく、「精算いただくことはありません」とフロントの方に言われ、チェックアウトしました。

キャンセル等の問題等々で、「事後カード決済」が話題にあがっていますが、それ以前の問題として「予約確認」の問題があるように思えます。
つまり、宿側が「来館したお客様が本当に予約したお客様か?」を明確にわかる術がない、ということです。
コレ、非常に危険なことで、「何か起こった場合」の責任は“どこ”にあるのかが不明瞭であります。

また、「私は」事後カード決済という決済方式を「認識」していたので、ホテルフロントでの決済やりとりがないことに疑問を持ちませんでしたが、一般のお客様がそこを正しく「認識でききるか」は非常に疑問がわきます。
宿側で“なにかしらの身分提示”のようなものを“しない”ことが、不安に結びつくように思えます。

そのようなことを考えてシステム構築をしたのか?という疑問がさらに大きくなった事例でした。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

大坪さん

ご無沙汰しています。

今回は、文言によるキャンセル助長問題をはじめとして悪意のキャンセルをする方の事がクローズアップされていますが、仕方なくキャンセルされた善意のカスタマーにもご迷惑をかける事があると思います。カード決済をご利用のお客様はカード利用を好まれます。したがって大半の方は「キャンセル料は、登録したカードから落としてください」と仰るでしょうね?その時に今一度カード番号を聞けますか?「大変申し訳ございませんが、お振り込みしていただけないでしょうか?」と言うしかありませんね?これでは、お互いに気まずくなるのは明白です。
どこまでも最低最悪のシステムですね!!

ご指摘の通りだと思います。

なにわの宿六 様

ご無沙汰しております。まさにご指摘の通りだと思います。
ユーザー側からしても、「なぜ事後に決済する必要があるのか?」が意味不明ですし、実際に泊まったビジネスホテルでも、最初フロントの方がフリーズしていました。
金銭のやりとりを空中戦で行うわけで、おかしなことになりかねない要素が満載である実感しました。

かなり違和感がありましたので、お客様側’(ユーザー側)からも疑問の声が増えてくるのではないでしょうか?
メールマガジン登録
プロフィール

大坪敬史

Author:大坪敬史
大坪 敬史

関西学院大学 文学部地理学科卒。
民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。
世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSフィード
FC2カウンター