FC2ブログ

美国探訪~旅館経営コンサルタントのまなざし~

温泉、旅館、地域風土、郷土料理、歴史的遺物、、、。 日本には多くの世界に誇るべき観光コンテンツが存在します。 日々、全国を巡礼しているコンサルタントの視点で、「美しい国~日本」を見つめなおします。

大自然から都会へ

知床→女満別空港→関西空港→大阪で打ち合わせ、で神戸に戻ってきました。

20℃以下の世界から30℃超の世界に移動すると流石に体がおかしくなりますね。
さらに大阪の商業施設のクーラーは冷やしすぎですから、気温の変化についていくのが大変です。

大阪から神戸に戻る途中に阪神電鉄を利用したのですが、今日は甲子園で阪神戦があるようで黄色い世界と化していました。
ワンカップ飲んでるおっちゃんも見かけ、自然溢れる知床から都会の(というか大阪の)ディープな世界が見れ、面白かったです。

日本に観光に来る外国人観光客は様々な様子が見れますね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

知床の気温は関西の「半分」

知床に出張中です。

関西空港出発時は32℃あった気温も女満別空港到着時は18℃。
知床に到着すると16℃と関西の気温のちょうど半分になっていました。

気温

小雨だったので肌寒い位でした。

訪問先の旅館様では、冬の企画の打ち合わせをしていましたが、これから一気に
気温が下がってきます。
もう2ヶ月後には雪が降るでしょう。

自然の厳しさと観光をうまく組み合わせていきたいですね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

京都宿泊税そろそろスタート・・・

京都に出張でした。

残暑厳しい気候でしたが、暑さにもまけずインバウンド観光客の方々が大勢いらっしゃいました。
京都は本当にすごいと思います。

訪問先の旅館様では、この10月から始まる京都宿泊税の話題に。
「最近、やっと入湯税もスムーズにお支払いいただけるようになってきたのに・・・」と説明しなければいけない税金が増え頭がイタイです、と。

官は民に負担を押し付けるのではなく、大々的に「税金です」とPRすべきです。
まぁ、そんな官の横暴も民間企業は乗り越えていくので、それを見越しているのかのしれませんが・・・。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

都会は蒸し暑い!

群馬から神戸に戻ってきました。

東京駅に着いた時に「蒸し暑いな~」と感じましたが、関西はもっと蒸し暑い状況でした。
昨晩宿泊させていただいた旅館様はほぼ満室状態でしたが、都会がこれほど暑いと「避暑旅行」のニーズも高いのでしょう。
酷暑といってもコンクリートに囲まれた世界と、山の緑や川からのマイナスイオンが発生している地域の「気温」が仮に同じだとしても体感温度は各段の「差」があります。

こういった地域の良さを地道に発信し、毎年暑くなるだろう夏を乗り切りたいですね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

晩夏の群馬

群馬県に出張でした。

朝イチの神戸→羽田空港便に搭乗したのですが、家族連れやカップル、女子旅などで満席でした。
ほぼ鼠王国に行かれるものと思われます。何はともあれ、移動が活性化されると経済に好循環を生みますので良いことですね。

訪問先の旅館様では、夏も終わり秋の特別プランの造成をしておりました。
ジビエ系の良い商材が入荷された、とのことで面白い企画ができました。
成果が楽しみでもあります。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

猛残暑

「猛残暑に注意」というニュースが流れていました。

猛暑+残暑の造語でしょうが、何とも・・・な言葉です。
たしかにまだまだ暑いですが、7月下旬~8月上旬の燃えるような暑さは過ぎ、風も涼しくなってきました。

これだけ暑ければ紅葉などはどうなるのかも気になるところですが、あまり気候をマイナスにとらえる風潮は出控えにもつながりますのでほどほどにしてもらいたいですね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

台風一過

昨晩遅くに自宅に戻ってきて、朝ベランダを見たら緑のカーテンにしているゴーヤの「葉」が半分ほどになっており、無残な様相でした。
台風の風でやられてようです。

外を歩いてみると折れた枝なども散乱しており、相当の「風」だったのでしょう。

台風が頻繁に発生している今年ですが、これ以上の被害がないことを願っております。


■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

「にぎわい」の創出は難しい

山形に出張でした。

宿泊させていただいた旅館様の近くで「朝市」があるとのことで、朝行ってみましたが・・・。
地元の人たちの井戸端会議的な感じで置いてある商品も・・・。

やらないよりやった方が良いのかもしれませんが、商品仕入れや接客方法などあるのに・・・、と勿体ない感満載でした。
飛騨高山の朝市までとはいきませんが、成功事例を見て学べば良いのにと思いますが、そもそもそういった気がないのかもしれません。

「にぎわい」の創出、難しい問題ですね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

新潟・・・台風の影響で暑い!

新潟に出張でした。

台風接近の影響で、本日午後の便は欠航になっていましたが朝イチの便は問題なく新潟まで飛びました。
新潟は雨風はないですが、フェーン現象の影響で現地の方も「信じられない」という位、暑かったです。
レンタカーで、クーラーをフル回転しても太陽の光と外の熱風で冷えない・・・という旅路でした。

暑いくらいで、台風の雨風の被害がないことを願っています。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

「一人旅」絶好調!

久々に大型書店に行ってきました。

旅行コーナーにはかつてほどの書籍・雑誌はなく媒体としての力がますます弱くなった・・・というのが実感です。
ただ、「ひとり旅」をテーマにした特集や書籍は前以上に多くなっているように思えました。

毎日、一人旅をしているようなものなので、あえて休みも一人旅をしたいとはカケラも思いませんが、世の中のニーズは高くなってきています。
実際、一人旅プランを強化しているクライアント先様では、「えっ!?こんな料金でいいの?」と思えるほど高い料金でも予約が入り大満足されてお帰りになるとか。

書店にこれだけ一人旅関連の書籍や雑誌が並んでいることからも、ニーズを冷静に見極め展開していきたいですね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

温泉成分が強すぎて入浴剤入れているのでは?疑惑

新潟に出張中です。

訪問先の旅館様では、来期の開湯7周年の企画を協議していました。
こちらの旅館様では地域の温泉の枯渇ぎみだったので、自らで温泉を掘削し泉質の良い自家源泉をお持ちの旅館様です。

成分が強すぎて、お客様から「入浴剤いれてるのでは?」という嫌疑もかけられるようですが、温泉成分が強すぎる温泉、としか回答しようがないとのこと。
確かに、仮に入浴剤と換算すると、通常の家庭風呂ではありえないような量を入れていることになるので、そう感じるお客様もいらっしゃるかもしれませんね。(もちろん、ことらの旅館様の温泉は天然100%です)

あまりにそういうお声が多くなれば、そういう記述もしていかないといけませんね、という話になりました。
温泉成分が強すぎるのことに対する悩みですが、ある意味羨ましくもあります。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

プロジェクター、お客様に大人気!

新潟に出張中です。

残暑ではありますが、田んぼの稲も青々と育ち目に優しかったです。
訪問先の旅館様では、最近お客様にプロジェクターを貸し出す機会があったとか。
団体旅行ではなく、ご家族連れのお客様だったそうなのですが、還暦のお祝いに思い出の写真などを自作し、パソコン持参で旅館のプロジェクターで投影し、宴席を盛り上げた、とのことでした。

こういったITリテラシーの高いお客様は今後増えていくでしょう。

旅館としては、それにうまく対応することが大切です。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

おもてなし幻想



を読みました。
旅館や観光の話は全くでてこず、主に「コールセンター」での電話対応の話がメインです。
いかにもアメリカ的な発想の内容が多く、日本の「おもてなし」を求める層には合致しない内容で、書籍を売るためにあえてそのワードを頭に付けた感が否めません。

何だか顧客誘導の話で頭が痛くなるような内容でした。
こういう論法が推奨されるからこそ、日本の「おもてなし」は大切にしていきたいと思った次第です。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

地域の祭り

昨晩、帰宅した際に自宅のマンションの下で「提灯」がともっているな~と思って見ていると、今日が盆踊りの日だったとのこと。

私は参加しませんが、下の子は早くから祭りモードで遊びに出ていました。
地域の衰退もあり、いつまでこういった祭りが続けられるかはわかりかねますが、現在は退職をした方々中心に運営されているそうです。

観光で人が呼べるような祭りではありませんが、こういった地元のお祭りは続いていってほしいな~と思っています。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

夏休みの飛騨高山

飛騨高山に出張でした。

7月の豪雨でJR高山線の一部が運休していましたが、現在は名古屋~高山間も正常運行しており、外国人観光客や夏の日本人旅行客で賑わっていました。

帰路、JRの時間(ワイドビューひだの出発時間)まで時間があったので、古い街並みを歩いていたのですが、相当な人手で歩くのも一苦労でした。
活気のあるのは良いことです。
ただ、それでも例年よりは人手が少ないらしく、「今」がねらい目とか。

非常時の「後」は案外、旅行のねらい目なのかもしれませんね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

4ヶ月先の飛行機(国内線)が予約できない現状

12月の出張予定の飛行機の便を予約しようとしたのですが、まだ発売前のようで購入することができませんでした。

フレキシブルな便設定を行う為、販売は直前なのかもしれませんが、これが旅行となると、先に「宿」を抑えてから後で「足」(飛行機)を抑えるというおかしな話になります。

「足」が確保できないと、いくら「宿」が予約で来てもそこに行くことはできません。

法的な縛りがあるのかわかりかねますが、これだけ早期に予約を!と観光業界が謳っている中、「足」の部分がそっぽを向いていては業界全体の隆盛にSTOPをかける動きになります。

いろいろと不思議な日本の観光事情を一つ一つクリアにしてきたいですね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

関西空港到着時にて

やっと日本に戻ってこれました。

いつも飛行機をおり、入国審査に膨大な時間がかかるのですが、自動顔認証ゲートができており、スムーズに入国できました。
システムなので、一部不具合などは発生していましたが、機械化されることにより、非常にスムーズな手続きが出来ていました。

テロ対策や不法入国対策は十二分に行っていただきたいですが、システムで置き換えることができる業務はますますのシステム化を進めるべきですね。

一度、機械化された入国審査を受けた人は、次もこのシステム化された仕組みを使うことでしょう。
国も観光立国を謳うだけあり、進化しているところは進化しているのだな~と認識した次第です。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ロンボク島から日本へ

ロンボク島の滞在していたホテルから日本に戻る最中です。

ホテルからロンボク島空港まで壊れた建物や避難されている人たちの様子が生々しかったです。
ロンボク島空港についても閑散としており、ガルーダインドネシア航空のスタッフ曰く「こんなに静かな空港は今までなかった」とおっしゃっていました。

これから復旧、復興に向け努力されていくでしょうが、一日も早い正常化を願っております。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

温泉の日本史 - 記紀の古湯、武将の隠し湯、温泉番付 (中公新書)



を読みました。
日本の歴史と温泉の対比がわかりやすく記載されており、今日に至る「温泉」の日本の歴史上での取り上げ方がわかる良書だと思いました。

伺っている温泉地(旅館様)も多数掲載されており、マーケティングの参考になる箇所も多かったです。
今後、資本にモノを言わせる新たな温泉地(宿泊施設)が多数出来てくるでしょうから、それらの施設との差別化に「歴史」という要素で対抗していきたいですね。

しっかりとした研究に裏付けされた記述も多く、勉強になる点が多かったです。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

非常時のホテル運営~ロンボク島にて~

ロンボク島、ホテルの宿泊客がさらに減った影響か、2つあった朝食会場のうち、1つが閉まってしまいました。

非常事態に宿泊しているので、文句を言うようなお客はいないようですが、こういう経費削減法は海外ではありなんだな~と。
今日もアフタヌーンティーはなく、昨日の2倍の量のペストリーやフルーツが部屋に届けられていました。

泊食分離形式の宿泊形態なので、こういった方法もありかと思いますが、日本の旅館で考えるとどうなんだろう?と思ってしまいます。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

日に日に観光客が少なくなるロンボク島にて

ロンボク島に滞在中ですが、日に日に観光客が少なくなっています。
パニックになり島を出た人も多かったでしょうし、もうロンボク島に到着してしまい、帰りの便まで仕方なしに滞在していたという人も帰路に着き、さらに新規で島に入る人が少ないでしょうから、このような状況になっているものと思われます。

滞在しているホテルも客室稼働率が10%程度あったものが、今日は恐らく3%にも満たない状況かと思われます。
アフタヌーンティーサービスなども縮小され、部屋にフルーツなどを届けるサービスに代替されるようになりました。

静かに滞在できることは幸いですが、周囲の店舗はまだまだ休業状態(地震の影響で倒壊している店舗やホテルもあり)で、本格的な復旧にはまだ時間がかかるものと思われます。
しかし、コンビニやスーパーなどは一部店舗が再開しだしました。
やはり生活に根差した店舗から先に開いていきます。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

関西国際空港の生産性向上体験

関西国際空港を出国する時の体験です。

例年、関空を使う時は出国ゲートの前で大行列ができ、通過に1時間以上かかった時もあります。
今回もげんなりしながら、ゲート近くに行くと大行列ができていませんでした。

以前は、手荷物チェックをする前に係員が一人一人の航空券を確認していたのですが、今回は機械化され、その時間が短縮されたのと、手荷物検査もかなりスピードアップされていました。

この辺りの生産性向上は大歓迎です。
今後ますます増えていくインバウンド客含め、ますますの効率化をしていってもらいたいものですね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

インドネシアの地震教育

ロンボク島に滞在中です。

そろそろ、地震の話題は・・・と思っていましたが、日中M6.4の余震がありました。
部屋にいた時に地震に遭遇し、「揺れたな~」と思ってそれから3分位すると電話で「なぜ外に避難しないんだ?」とフロントからTELがありました。
仕方なく、指定された集合場所に行くと、宿泊客が集まっておりスタッフも不安そうな顔で佇んでいました。
時折、スタッフの家族と思える人たちもバイクなどで迎えに来ており、不穏な空気が流れていました。

「日本ではこれくらいの地震はよくあるよ」と言うと「信じられない!!」と不思議な顔で見つめられたのが印象的でした。
「ロンボク島では今まで地震がなかったんだ」とも言っておられたので、経験がないことも過大な恐怖を生むことにつながっているのでしょう。
もちろん、地震の影響を過小評価すべきではありませんが、無駄におびえるのも考えものです。

インドネシアでも適切な地震教育が必要ですね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ロンボク島 地震 2018.08.08現在の現地状況

先日の地震(2018.08.05 ロンボク島M7.0)以降、私がロンボク島に来ていることを
知っておられるお客様から「大丈夫ですか?」とメッセージを多くいただいております。
色々とご心配をおかけし恐縮です。

恐らく、メディアが一部の甚大な被害を受けたエリアの映像を流している為のことでしょうが、
ロンボク島の大きさは↓のような感じです。
 ※関西人になじみ深い淡路島の大きさと対比してみました。

ロンボク島 淡路島との比較

幸い、震源の場所から離れたホテルに滞在している為、時折余震はありますが、建物が損壊する
というレベルの揺れはありません。

(初日、街中のコンクリート造りのホテルに泊まろうとして、余震で安全が確保されずに外に出されるケースに遭遇したので、平屋のホテルに宿泊しています。)

阪神淡路大震災を経験された方ならわかる通り、断層から伝わるエネルギーは土地の柔らかさや
距離により大幅に異なり、震源から離れるとほとんど揺れがないというケースもありました。

ただ、ホテル周囲の店はほぼ営業しておらず、ホテル滞在者も夏休みハイシーズンとは思えない
位観光客はいません。

昨晩から今日の昼頃までホテルのwi-fiが停止などのトラブルは発生していますが、命に関るような
事案には遭遇していないのが現状ですし、この状況ですのでホテルの外に出歩いたりアクティビティーに
参加したりすることはないので、無事に飛行機が飛べば予定通りの帰宅となりそうです。

ちなみに、インドネシア共和国観光省より
ロンボク北部地震関連情報(続報):アリフ ヤフヤ観光大臣によるロンボク島における強力なアクセス確立についての発表と、バリ・ツーズム・ボードによるバリ島の観光情報に関する声明について。」

が発表されていますが、宿泊先のホテルを通じてや外部機関からツーリストに対するアプローチはありません。
危機発生時はやはり「自己責任」なんだな~と実感しています。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

余震で芝生の上にベット・・・ロンボク島にて

昨晩もロンボク島では大きな余震があったのですが、情報が伝わってこず、震度もわかりませんでした。

朝、朝食を食べるため、外に出ると、多くの人が庭にベットを出しそこで寝ていました。
地震=屋内が危険という発想でしょうが、屋根の下にベットを置いている観光客も多数で、
それだと減災にならないのでは?と不思議な感じでした。

ただ、彼らにしたら地震があったのに部屋の中にいる方が不思議なのかもしれません。
もし日本で地震があれば、同じように布団やベットを外に運び出すのか?
それとも、日本は地震大国なので、耐震がしっかりしているのをわかっているので
そのようなことをしないのか???

文化が違う国の人たちが旅をすると色々なことが発生するんだな~と思って、芝生の上に
ベットを置いて寝ている人たちの横を通り過ぎていきました。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

2018.08.06ロンボク島現地情報

昨晩のトラブル(2018.08.05 ロンボク島M7.0)から一夜明け、今日はやっと目的のホテルに行けるかと思っていました。

が、送迎の約束の9:00になってもドライバーさんが来ず、10:00前に電話すると
「地震の影響で12:00頃になる」と。
そして、到着するや否や「私たちのホテルは今クローズしています。。。」と。

昨日は「大丈夫だよ」と楽観的だったドライバーさんの顔もしかみ、道中の被害の様子を撮影
された動画を見せてもらい、「私も甘く考えていた」とのことでした。
ホテル設備には大した損害はなかったそうですが、スタッフが出勤できないのと、道中
バイクでないと通れず、たどり着くことができない・・・とのこと。

「どうしますか?」と聞かれましたが、想定外のことだと言葉が詰まるとはこのことで
「・・・」となってしまいました。
この次に泊るホテルに先に行こうと思い、「●×ホテルはどのような状況?」と伺うと、
「●×ホテルがある島は島民全体が本土に避難しているので営業はしていない。
今、ロンボク島はカオス状態で、どのようなことになるかわからない」と
言われてしまいました。

日本へ帰国しようと思い、航空会社に連絡しても、最初からの予定の便より前の便は全て
満席(おそらく、パニックになって帰国する観光客多数のため)と言われてしまったので、
何とかその日まで滞在しなければなりません。

そこで、帰国直前に予約していたホテルに連絡すると、「部屋はある」とのことで、そこに
泊まることにしました。
ホテルの周りの店は全てクローズ&ビーチは人っ子一人いないという繁忙時期としては
ありえない光景が広がり、ホテル滞在観光客もまばら&ホテル内の設備も多くがクローズという
状態ですが、何とか安全な場所を確保できた感があります。

日本ほど、情報が早くに広がらないので、どの程度の被害なのかも現地にいてもわかりません。
昨日はロンボク島南部と中部にいたので、被害が少ないように見えたのですが、本当に被害を
受けているのは北部&北西部らしく、そのエリアにホテルを予約していたのでこのような状況に
なってしまいました。

当初の目的とは異なる旅にはなっていますが、非常時の対応やリアルな体験を今後に活かしたいと
考えております。

 ※本ブログは 2018.08.06 18:00現在(現地時間)の情報&私が得られた情報のみの掲載ですので
  一部実態とは異なる可能性があります。予め、ご了承ください。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ロンボク島 地震の影響

インドネシアのロンボク島に来ています。

20:00すぎにロンボク島空港に到着し、荷物を待っていると警備員が大声で
「外にでろ!」と。
暴漢や爆発物でも見つかったのか?と思いながら外にでると、どうも地震のようでした。
ただ、揺れはほとんど感じず、大げさだな~というのが率直な感想。
(客よりも警備員が先に逃げ出していたのは、さすがアジアと思いましたが)。

その後、ホテルの送迎の人と合流し、空港を出発しようとすると、ホテルオーナーから
送迎の人に連絡があり、「ホテルまでの道中の道の安全確保できないので、今日は送迎できない」
&「近くのホテルを手配した」との連絡。
仕方なく、その近くのホテルに行くと、チェックインに長蛇の列・・・。
小1時間ほど待ってラチがあかないので、送迎ドライバーさんから「別の予約の取れるホテルに行こう」
と提案→そこから1時間ほどかけ、別のホテルに到着。
フロントでチェックイン手続きをしている最中に、地震発生で軽い揺れ。
ホテルの人大慌てで「外にでろ!」と。
送迎ドライバーさんと「日本ではこのくらいの地震、珍しくないけど、驚きすぎじゃない?」と聞くと
「ロンボク島でははじめてなんです」と。(本当かはわかりませんが)

30分位して、再度チェックインしようとすると「館内の安全が確認できないので、マネジメント上、
チェックインできません」との回答。。。
ちなみに、日本のビジネスホテルのような鉄筋コンクリづくりでしたが、フロント壁面に縦線のヒビが入ってました。
ロビーでさらに1時間ほどまってもらちがあかず、今日は送迎の車で寝ようと移動。
そこからさらに30分後、ドライバーさんが「近くの平屋づくりのホテルが予約できたらか、そこに行こう」と提案。
※鉄筋は危なく、平屋は安全とはそもそもの建築に対する考え方が日本と違う・・・

深夜2時過ぎにその平屋ホテルにチェックインするも
 ・お湯がでないシャワー
 ・紙のないトイレ
 ・クーラーのきかないエアコン
 ・客室暑いのにベットの上には毛布
 ・wi-fiあるも、ネットに繋がらず・・・
ともはや笑うしかない状況でした。

海外の旅先でここまでのトラブルは経験がなかったので、これも良い事例となると割り切って過ごしていこうと
考えております。

道中、街中を見ていましたが、皆さん家から出て外で寝ておられました。
かえって車に惹かれるのでは?と思いましたが、半ばパニック状態だったのでしょう。。。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

「温泉むすめ ゆのはなこれくしょん」

アニメツーリズムとして期待大の「温泉むすめ」がスマホゲームをリリースしました。

 ※ https://onmusu-yunocolle.edia-game.jp/ より。

私もダウンロードしてみましたが、地域とのつながりが深いゲームになっているように思えます。
今後、リアルの旅館とのつながりなど、地域活性化の一つのアプローチになれば良いですね。

位置ゲームのカテゴリーにも入ると思いますので、ゲームファンの移動が活性化されると自ずと地域にお金が落ちます。
観光協会とも協業されている事例もありますので、今後の展開が楽しみです。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ハイシーズンはいつも以上に時間に余裕を

長崎に出張でした。

8月に入り、旅行ハイシーズンのようで、いつもは閑散としているレンタカー屋さんが大混雑。
借りるのに通常の倍以上の時間がかかってしまいました。
空港も大混雑で殺気立ったアテンダントさんの大声が響き渡っていました。
この時期だから仕方ないことですが、やれSKIPだ、紙チケットだ、QRコードだと搭乗方法も多様化しており、普段あまり飛行機を使わない方々移動するわけで、時間がかかるのは当たり前です。

ハイシーズンで旅行需要が活気づくのは嬉しい話ですが、はいつも以上に時間に余裕を持って行動しないと思いもよらぬ人渋滞に巻き込まれます。
暫く、気を付けて移動しようと思います。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

海外出張のご連絡

8/5~8/15まで海外出張の為、携帯電話が繋がりにくい状況になります。

メール、フェイスブックは常にチェックしておりますので、御用の際はそちらからご連絡をお願いいたします。

先日、地震があったインドネシアのロンボク島に滞在予定なのですが、滞在先のホテルに「地震の影響はありませんか?」と英語で質問したら、即時レスポンスで「全く問題がない&あなたとお会いできることを楽しみしている」と回答がありました。

送迎の確認などには約1日後の返信だったのですが、日本の施設もこれくらいの図太さが必要ですね。。。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】
メールマガジン登録
プロフィール

大坪敬史

Author:大坪敬史
大坪 敬史

関西学院大学 文学部地理学科卒。
民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。
世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSフィード
FC2カウンター