美国探訪~旅館経営コンサルタントのまなざし~

温泉、旅館、地域風土、郷土料理、歴史的遺物、、、。 日本には多くの世界に誇るべき観光コンテンツが存在します。 日々、全国を巡礼しているコンサルタントの視点で、「美しい国~日本」を見つめなおします。

ビジネスのヒントは駅弁に詰まっている (双葉新書)



を読みました。
全国巡礼している毎日ですが、新幹線の停まる大きな駅などでは見ることのできない駅弁も紹介されており、勉強になりました。
著者の「鉄道の高速化」により、停まる駅の減少&車内で過ごす時間の減少ということが、駅弁事業者の減少につながっているというのは、観光にも言えることでしょう。

JRも地域活性化の観点から、大阪や名古屋、東京などの大都市をいかに速く移動するか?という観点以外の、途中駅にどう乗客を降ろすか?という点での施策を求めたいですが、難しいでしょう。

そのような状況で全国で頑張ってらっしゃる駅弁事業者の方が多くいることに嬉しく思いました。
外部環境に左右させず、自社の商品を磨くことはどの事業領域においても必要であると改めて感じた次第です。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)



を読みました。
過度に悲観的にとらえている感が否めませんが、今後の人口減少社会を考えるには良い書籍だと思います。

観光業でいえば、インバウンド&シニア層のさらなる開拓など対処すべき方策が多いように思えました。
また、歴史的に定年退職後の人も多く雇用しているので、そういった側面からの日本経済の貢献は大きいでしょう。
そういったことを考慮した国の施策(高齢者雇用促進や施設改修費の補てんなど)も多方面から行ってもらいたいものですね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

温泉と酒



を読みました。

日帰りというカテゴライズで特集されていたので、知らない温泉もあり勉強になりました。

こういった雑誌特集が生き残るにはネットに掲載されていない(OTAに掲載されていない)情報をいかに足で取材するかということかと考えています。
そういった取材をすることが、出版不況の中、生き残っていける道ではないでしょうか。

雑誌を見て、行ってみたくなるというのはその雑誌が優秀ということですね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】


10,000人が選んだベストホテル&エアライン



を読みました。
特に目新しいことはなく・・・と残念な内容。
特にホテル部門のランキングは???と納得できる箇所がほとんどありませんでした・・・。

本屋で立ち読み程度にしとけば・・・と。
多様化する旅行&観光マーケットをうまくとらえて取材するのは難しいのかもしれませんね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

一度は入りたい秘湯・古湯100選 (旅の手帖MOOK)



を読みました。
「シブイ」の一言。決して華美ではありませんが、温泉の良さを愚直に取材した感があり久々に好感の持てる雑誌だと思います。特に某大手旅館のケバケバシイマーケティング過多の宣伝がないのもポイントでした。

入ったことのある温泉、知っている温泉も多かったですが、初耳の温泉もあったので勉強になりました。
まだまだ日本には知られていない温泉があり、その魅力をうまく伝えて次代に繋げていってもらいたいと切に感じます。


■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】
メールマガジン登録
プロフィール

大坪敬史

Author:大坪敬史
大坪 敬史

関西学院大学 文学部地理学科卒。
民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。
世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSフィード
FC2カウンター