FC2ブログ

美国探訪~旅館経営コンサルタントのまなざし~

温泉、旅館、地域風土、郷土料理、歴史的遺物、、、。 日本には多くの世界に誇るべき観光コンテンツが存在します。 日々、全国を巡礼しているコンサルタントの視点で、「美しい国~日本」を見つめなおします。

日本鉄道史 昭和戦後・平成篇-国鉄の誕生からJR7社体制へ



を読みました。
国鉄(JR)のみならず、戦後の鉄道事情についてわかりやすく記載されています。
相当の国税が投入されて構築された存在が、分社化され上場したからといって自社利益ばかりを求める姿勢はやはりおかしいのではないか?と実感する内容でした。

「公共」交通という言葉をもっと大切にして欲しいと感じた次第です。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

大阪的 「おもろいおばはん」は、こうしてつくられた



を読みました。
私は関西人ですが、大阪でも京都でもなく神戸です!的なことをお客様に言ったこともしばしばですが、
「大阪」というイメージがメディア操作によってつくられている、ということを事例をもとに解説してある良書だと思います。

なかなか刺激的な論調もありますが、関西の旅館のライブラリーなどに置いてあっても面白く読める書籍だと感じました。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

ウユニ塩原のリチウム開発

■観光文化研究所公式HPはコチラ。


を読みました。
近年人気の観光地、ウユニ塩湖はまだ行ったことがありませんが、いつかは行ってみたい観光地です。
そのウユニ塩湖の地下に埋まっているリチウム開発をボリビア政府が主導している、という記事内容でしたが驚きでした。

貧しい国が観光で生きていくのか、資源大国を目指すのかは当該国民の意思もあるでしょうが、難しい問題ですね。
リチウムは電気自動車の材料にもなり、世界的に需要が高まる資源ですが、既存の観光資源とどう折り合いをつけていくのか・・・。
今後も興味がわく内容でした。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

医師が教えるゼロポジ座り 疲れない、太らない、老けない (講談社の実用BOOK)



を読みました。
移動が多いので、座る時間は人より多いだろうと認識していますが、何が正しい座り方なのかはイマイチわかっていませんでした。
座り方などがわかりやすく記載されており、参考になる点も多かったです。

椅子だけではなく、畳に座る時に医学的見地からの良い座り方など、続編に期待したいです。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

日本が売られる (幻冬舎新書)



を読みました。
かなりバイアスがかかった考え方で記述されているのですが、「そういう見方もあるか~」と考えさせられることも多かったです。

カジノ+証券会社+関空でマネーロンダリング、などは???と思いましたが、利権あるところに・・・という基本的な概念を再認識させてもらいました。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】
メールマガジン登録
プロフィール

大坪敬史

Author:大坪敬史
大坪 敬史

関西学院大学 文学部地理学科卒。
民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。
世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。

ブログ内検索
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSフィード
FC2カウンター