FC2ブログ

美国探訪~旅館経営コンサルタントのまなざし~

温泉、旅館、地域風土、郷土料理、歴史的遺物、、、。 日本には多くの世界に誇るべき観光コンテンツが存在します。 日々、全国を巡礼しているコンサルタントの視点で、「美しい国~日本」を見つめなおします。

インバウンド客減少でも強い有馬温泉

有馬温泉に行ってきました。

関西空港機能低下の影響か外国人観光客がほぼ歩いておらず、日本人ばかりが多い、という印象でした。
連休初日で小雨も降っていましたが、人も多く、まだまだ日本人に愛されている温泉地と実感しました。

温泉街を一通り歩いてみたのですが、日本人で行列の店もあり、こういった時に「自力」がでるんだろうな~と。
インバウンド客は大切ですが、そこにフォーカスしすぎるのと、通常営業で国籍問わずに好かれる店との違いのように思え勉強になりました。

前者ではなく、後者を目指していかないといけないですね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

勉強熱心な海外富裕層向け旅行会社

昨日に引き続き、新潟に出張でした。

営業会議の中で、海外の富裕層ツアーの話題がでました。

来年度のツアーも決まっている催行率の高いツアーとのことでしたが、
行程もありきたりのものではなく、新潟で話題のレストランや話題の街(商店街)など
も入っており、海外の旅行会社さんの熱心さに驚かれたとのこと。
日本の代理店は介在しておらず、海外旅行会社主催のツアーとのことでした。

10年前のパンフレットに載っているような行程しか組めない日本の旅行会社が多い中、
お客様の最新ニーズを取り込むことは、海外の旅行会社が勝っているのかもしれません。

地元の旅館だからこそ、地域ならではの魅力をもっと発信していこう、という話になりました。

そりゃ、日本の旅行会社は衰退(というか必要性が見いだせない)していくことがよく理解できる出来事でした。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

富裕層ツアー、地方に浸透中

新潟に出張中です。

昨日の夜にANAから予約していた便が欠航になったとメールがあり、急きょJALで新潟に行くことができました。
最近のANAの対応はLCC並なので本当にツカレます。。。

新潟は田んぼに稲穂がずっしり実り、秋の田園風景を醸し出していました。
訪問先の旅館様では最近海外富裕層ツアーが多くいらっしゃる、とのことですが、日本の良さをわかる層も存在することは存在します。
安さやショッピング目当ての方々を相手しているとゲンナリしますが、日本の文化を理解しようとするインバウンド客の皆様は大歓迎です。

「大事」にすることを間違えないようにしないといけない、と改めて感じた次第です。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

危機感を共有できる組織づくり

熱海に出張でした。

訪問先の旅館様では「厳しい夏でしたが、何とか昨年ベースにのせました」と。
こちらの旅館様では通常対応のマーケティングと非常時のマーケティングを細目に切り替える素地ができてらっしゃるので市況に合わせ柔軟な対応をされた結果、良い成績を出すことができました。

水害、台風、地震と日本中どこでも何が起こるかわからない昨今、「頭脳」を社内に取り入れ危機感を共有できる組織づくりに勝ることはありません。
安易な外注や楽な道に走ることは「平時」には良いかもしれませんが、それ以外では役に立たないということを実感した次第です。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

「一人旅」絶好調!

久々に大型書店に行ってきました。

旅行コーナーにはかつてほどの書籍・雑誌はなく媒体としての力がますます弱くなった・・・というのが実感です。
ただ、「ひとり旅」をテーマにした特集や書籍は前以上に多くなっているように思えました。

毎日、一人旅をしているようなものなので、あえて休みも一人旅をしたいとはカケラも思いませんが、世の中のニーズは高くなってきています。
実際、一人旅プランを強化しているクライアント先様では、「えっ!?こんな料金でいいの?」と思えるほど高い料金でも予約が入り大満足されてお帰りになるとか。

書店にこれだけ一人旅関連の書籍や雑誌が並んでいることからも、ニーズを冷静に見極め展開していきたいですね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】
メールマガジン登録
プロフィール

大坪敬史

Author:大坪敬史
大坪 敬史

関西学院大学 文学部地理学科卒。
民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。
世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSフィード
FC2カウンター