FC2ブログ

美国探訪~旅館経営コンサルタントのまなざし~

温泉、旅館、地域風土、郷土料理、歴史的遺物、、、。 日本には多くの世界に誇るべき観光コンテンツが存在します。 日々、全国を巡礼しているコンサルタントの視点で、「美しい国~日本」を見つめなおします。

「自分たちの想い」を伝えることのできるHP

熱海に出張でした。

昨日の旅館様同様、HPリニューアルの話が進んでおり良いページが出来上がりつつあります。
特長的なHPになるので、さらなる集客増が期待できます。

このご時世、安易にOTAなどで安売りするだけで集客はできますが、利益がついてきません。
また、自社HPでリピーターの構築ができると多大な利益貢献ができます。
利益ありきではありませんが、利益がでることにより施設修繕や料理原価率向上などを実施し、お客様に還元でき、さらなる繁盛が実現できます。

改めて、「自分たちの想い」を伝えることのできるHPの重要性を認識した次第です。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

動きがある旅館にお客様が集まる

群馬県に出張でした。

早朝、露天風呂に至る通路が肌寒く感じるほど。季節の移ろいを感じます。
訪問先の旅館様では、設備投資計画について協議していました。

グループ旅館を多数お持ちなので、そられのシナジーが発揮できる投資に!と色々と盛り上がりました。
動きがある旅館にお客様が集まる、という実例ですのでこちらも刺激をもらった次第です。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

団体旅行がまだ来る観光地の未来は?

どことは書きませんが、有名観光地に行ってきました。

景観がよい場所でまだまだ旅行会社の団体旅行を取り込んでいるエリアですが、
 ・団体向けの店ばかりで個人客が・・・
 
 ・売店も簡単に集客できるせいか商品MDも無茶苦茶

 ・地域カルテルか駐車場料金が不当に高い

など平成も終わろうとしているさなか、まだこんな観光地が存在しているんだ・・・と絶句してしまいました。
団体旅行がまだ来る観光地なので、それだけを対象にしていた方が儲かるのでしょうが、潮目が変わると即衰退・・・でしょう。
色々な意味で勉強になりました。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

客層別企画商品

山形に出張でした。

昨晩、真っ暗な道を新潟~山形日本海側をレンタカーで走っており寒々しく感じていましたが、
朝起きてもやはり寒かったです。
先週は暖かかったそうですが、一気に秋を通り越して冬の様相でした。

訪問先の旅館様でクリスマスプランの展開を考えていただき、「クリスマス」と山形県で検索すると該当プランを造営しているのはなんと6軒。その中には何がクリスマスなの?というヒドイ内容のものもありました。
その時期は忘年会を受注した方が良いのかもしれませんが、一定層ですがクリスマスを楽しみたい!という層もいるわけで、その辺りの客層別企画商品がまだまだ少ないのが山形、東北の現状です。

魅力ある企画であれば、単価UPにもつながりますので、伸びしろが大いにあるマーケット。
客層別企画商品をどれだけ細やかに造成できるかでネット売上、ひいては月次の収益に直結します。

ネット激戦区では当たり前のことがまだまだ出来ていないということは、大きな伸びしろが残っているということでもあります。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

金融戦後期時代

某エリアに出張でした。

訪問先の施設様でメインバンクの借り換えの話に。
2%強~4%弱の金利が1%前半になりそうだ、という話を伺いました。

こちらの施設様の業績は絶好調でまだまだ借入比率も低いので1%以下を提示されてはいかがでしょう?
という話で盛り上がりました。

名前は言えませんが誰もが知っている地方銀行からの借り換えです。
世間一般に優良銀行と言われていても関与先の企業から同等の評価を受けているわけではありません。

地銀、信用組合、大手銀行という名前が薄れ「実利」が重視される時代になったんだな~と実感した次第です。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】
メールマガジン登録
プロフィール

大坪敬史

Author:大坪敬史
大坪 敬史

関西学院大学 文学部地理学科卒。
民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。
世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSフィード
FC2カウンター