美国探訪~旅館経営コンサルタントのまなざし~

温泉、旅館、地域風土、郷土料理、歴史的遺物、、、。 日本には多くの世界に誇るべき観光コンテンツが存在します。 日々、全国を巡礼しているコンサルタントの視点で、「美しい国~日本」を見つめなおします。

ホテレス会場にて

東京ビックサイトで開催されていたホテレス会場でクライアント先様と打ち合わせをしておりました。

何だか混雑しており、入場するのに長蛇の列。
オペレーション上、問題じゃない?と思うほどのグダグダ感がひろがっていました。

打ち合わせ後、会場を見て回りましたが、特に目新しい商材はなく・・・というのが率直な感想です。
これだけ情報網が発達していますので、良い商材は自分で調べることができる時代ですのでわざわざ行かなくとも、、、というのが率直なところです。

毎年行くというより3年に1度くらいでちょうど良いのかもしれませんね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

スペシャルプランとは?

某一流気取りの旅館泣かせ旅行会社が展開するスペシャルプラン。

詳細は書けませんが、このプランでトラブルがあり、クライアント先様からご相談がありました。

提供在庫を使い、安売りを展開し、しかも訳が分かってない人たちが適当に売り、おかしなモグリ代行業者のような人たちもネットで部屋を抑えてくるので本当にタチの悪い商品です。

何がスペシャルなのか理解できませんが、旅館泣かせのスペシャリストプランであることは間違いありません。

クライアント先様とは「新年早々またコイツラですか・・・」とため息交じりに話をしていましたが、旅館を馬鹿にするのも大概にしとかないと、本当に見捨てられてしまうということがわかってないんだな~と新年早々感じました。

自らマーケティングをして、安さではなく価値をわかっていただけるお客様に泊っていただけるような仕組みづくりはますます重要になってきます。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

10年ぶりの香港

香港に来ています。

10年ぶりの訪問ですが相変わらずパワーのある街ですね。
空港から香港島までタクシーを利用したのですが、

・80キロ制限の道を120キロで飛ばす

・スマホでずっと話ながら走っている

・街中に来たらなんとポケモンGO開始!

など日本の常識からすればとんでもない話ですが、彼らからしたら常識なのでしょう。

こういった人たちが日本に来たらそりゃトラブルが起こりますね。
そんなこと思いながらタクシーに揺られていました。


■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

大人気!温泉むすめコラボプラン

有馬温泉に出張でした。

訪問先旅館様で「温泉むすめ」とのコラボプランが大人気!とのご報告をいただきました。
全国からお客様がいらっしゃり、皆さん大興奮だそうです。

アニメツーリズム、という事象は話には聞いていましたが、本当に効果あるの?と懐疑的だった部分もありますが、実際の事例を目のあたりにすると、「えっ!?」という感じです。

今後、この温泉むすめは様々なメディアミックスを仕掛けていかれる予定とのことで、どんな展開になっていくのか楽しみです。
※ここ何ヶ月か訪問する度に「温泉むすめ」の話を聞くので有馬温泉のキャラクターは覚えてしまいました(笑)。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

繁忙時期のリピーター様

群馬から神戸に戻ってきました。

昨日から泊まらせていただいた旅館様では、夏休みということもあり多くの家族連れでにぎわっていました。
料理も夕食&朝食ともにお子様が好きそうな料理が並んでおり大喜びで食べてらっしゃいました。

口コミにも、「リピーターです」という声が増えてきており、実際にリピーター様比率が8月は特に高くなっている
という結果で何よりです。

繁忙時期にだけ(普段は家族まとめての休暇時間がとれない客層)という層も大切ですし、そういった方々に選ばれる
旅館というのは強みでもあります。

本年も好調とのことでしたので、来年の良い結果にもつながっていくことでしょう。


■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】
メールマガジン登録
プロフィール

大坪敬史

Author:大坪敬史
大坪 敬史

関西学院大学 文学部地理学科卒。
民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。
世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSフィード
FC2カウンター