FC2ブログ

美国探訪~旅館経営コンサルタントのまなざし~

温泉、旅館、地域風土、郷土料理、歴史的遺物、、、。 日本には多くの世界に誇るべき観光コンテンツが存在します。 日々、全国を巡礼しているコンサルタントの視点で、「美しい国~日本」を見つめなおします。

「温泉」にフォーカスしたプラン作りの結果

新潟に出張中です。

訪問先の旅館様では「温泉」にフォーカスしてプラン強化をしていただいているのですが、
最近で「露天風呂付客室をお願いします」というお電話が増えたとか。
こちらの旅館様は露天風呂付客室はなく、作る計画もなく、そういった記述もしていないのですが、
お客様の頭の中で「温泉が良い」→「当然、露天風呂付客室がある」と自動変換されたものと思われます。

こちらの旅館様は湯量も豊富なので、早期に露天風呂付客室の新設計画を進めましょう!と盛り上がりました。

こういったお客様の勘違いのお声、事業強化のモチベーションにつながります。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

投資には順序がある

自宅マンションの共用部分を大規模修繕中です。

元々公園や通路、緑があった箇所を一度更地にし現在進行形で工事中です。
何でも9月中に終了予定だったものが、相次ぐ台風の接近で延期になったとか。

しかし、この大規模修繕、「必要?」というのが率直なトコロです。
特に経年劣化が激しいようにも見えず、特段更地にしてまで作り直す必要があるのか?と。
この予算があるなら、屋上緑化や壁面緑化などを進めた方がマンション全体の市場価格も上がり、住民にもメリットがあるように思えたのですが・・・。

旅館でも部屋を修繕する前に外壁を直しても客単価の向上は見込まないように、物事には順序があります。

もちろん、マンションの管理組合に積極的に参画する時間もないので、何も言うつもりはありませんが、おかしなことをするな~というのが本音です。
どのような意思決定でこの修繕が実施されたのかはわかりかねますが、意味のない投資を自分の住んでいるマンションで見るとは・・・。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

淡路島にて

淡路島に行ってきました。

明石港~岩屋港のジェノバラインに乗ったのですが、釣り客以上にサイクリング客が多かったです。
若い方々も多く、サイクリングの年齢層の広がりを感じました。

ただ、以前は見かけた外国人観光客は今回の往復では皆無でまだまだ広くは知られていないのでしょう。
しまなみ街道などには外国人観光客のサイクリングも多いと聞いておりますが、同じ瀬戸内海にある島なので共同PRなどの施策が考えられます。

アワイチ(淡路島を一周すること)だけでなく、セトイチ(瀬戸内海内側を一周する)などのコースづくりも面白いのでは?と思いながら乗船していました。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

酒臭い電車・・・

所用で大阪に行っていました。

阪神電車に乗りましたが、沿線で日本酒のイベントをしていたせいか酒臭い道中でした。
そういえば、先日も阪急電車に乗っていたら車内でチューハイを呑んでいる女性を見て絶句しましたが、通勤・通学の列車内での飲酒は標準化されてきたのでしょうか?

確かに新幹線や特急などでは飲んでいる人をみかけますが・・・。

関西では「上品」と言われている阪急電車でさえそんな状況ですから・・・。
日本人の美徳は消えゆく運命のようです。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

旅館の外でのスタッフの「歩き方」の件

飛騨高山に出張でした。

全体会議の最後に地域の方から「スタッフの歩き方」についてアドバイスをいただいた、という話がありました。
着物姿でなくとも、●●で働いている××さんというのは地域の人は知っており、●●さんなのだから・・・ということでのご指摘だったようです。

都会では若干の恐怖を感じる話ですが、地方都市でしかも地域でのフラッグシップ旅館だと、
「そういった目」で見られることが多いのでしょう。

それだけ地域の人にも「誇り」と感じてもらっているわけで、そのことが素晴らしいことだと感じました。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】
メールマガジン登録
プロフィール

大坪敬史

Author:大坪敬史
大坪 敬史

関西学院大学 文学部地理学科卒。
民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。
世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSフィード
FC2カウンター