FC2ブログ

美国探訪~旅館経営コンサルタントのまなざし~

温泉、旅館、地域風土、郷土料理、歴史的遺物、、、。 日本には多くの世界に誇るべき観光コンテンツが存在します。 日々、全国を巡礼しているコンサルタントの視点で、「美しい国~日本」を見つめなおします。

こだわりの強いHP

伊豆に出張でした。

訪問先の旅館様のHPがやっとリニューアル!
こだわりが強い若女将のこだわりがコレデモカっ!と詰まっています。
全クライアント先様の中でTOPクラスのコンテンツ量です。

やっとリニューアルいただいたので、こちらのHPを中心にイロイロ施行いただきました。
どう花開いていくか楽しみでもあります。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

着物=エンターテイメント

京都に出張でした。

修学旅行生+外国人観光客でカオスと化していましたが、桜も葉桜に変わり混雑具合は幾分マシなような気がしました。
女性Gの着物姿はよくみかけたのですが、最近は男性Gの着物姿を多くみかけます。
もちろんカップルでの着物姿も多いのですが、それ以上に見かけるように思えます。

私が若いころなどはカップルならいざ知らず、男友達と「着物着て京都歩こう」などという発想がなかったので新鮮です。
一種のエンターテイメントなのでしょうね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

レンタカー利用の「乗り捨て」促進

出張先で最近、出発地と帰着地が異なるレンタカー利用をします。

先日もあるルートでレンタカーを借りようとネット検索していたのですが、同じ県に返却すると料金は+2,000円(税別)程度。
県を一歩でも出て返却しようとすると、たとえ隣県との距離が10キロも離れていなくとも+7,000円(税別)と不思議な料金体系になっています。

私のような移動をする人はレンタカー利用の想定外なのかもしれませんが、広域で観光を促進していくにはやはり「乗り捨て」といシステムは重要です。気軽に乗り捨てできるようになれば、もっと観光の幅も広がると思うのですが・・・。
この点、企業努力だけでは難しいのであれば、国の予算なり補助を求めていきたいものですね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

「決めて」、「動く」ことの重要性

群馬に出張でした。

神戸はすっかり葉桜ですが、群馬はまだ満開でした。
GWも一部、桜が残るでしょう。地域が変われば季節も変わるのは日本の良いところの一つですね。

今日もブログに書けない話満載の1日でしたが、様々なことが決まりました。
物事が宙ぶらりんのことが一番よくなく、「どう動くか」という決定の上、実行しないと改善も何もありません。
改めて「決めて」、「動く」ことの重要性を認識した次第です。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

三宮のバス事故

三宮のバス事故が報道されています。

私もよく通る道なので、驚き・・・。
現在、JRに隣接するビルが建て替え工事中なので、中二階の道が通行止めでいつも以上に人が流れていただろうことも悔やまれます。

地元がこういった悲しいニュースで話題になるのはやりきれない気分です。
事故に遭われた方々のご快復と再発防止策を求めていきたいですね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】
メールマガジン登録
プロフィール

大坪敬史

Author:大坪敬史
大坪 敬史

関西学院大学 文学部地理学科卒。
民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。
世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。

ブログ内検索
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSフィード
FC2カウンター