FC2ブログ

美国探訪~旅館経営コンサルタントのまなざし~

温泉、旅館、地域風土、郷土料理、歴史的遺物、、、。 日本には多くの世界に誇るべき観光コンテンツが存在します。 日々、全国を巡礼しているコンサルタントの視点で、「美しい国~日本」を見つめなおします。

日本を旅行するときの服装

2月なのに雪がほとんどない飛騨高山に出張でした。

この2月は春節などもあり、外国人観光客の方々多いということでした。
往復のワイドビューひだも、指定席満席&自由席大混雑という状況で、春節で乗客が多いのだから本数を多く走らせるなり、
旅客車両を増やしたりできるでしょうが、何も対策はせずという相変わらずのJR仕事でした。
「混雑してご迷惑をおかします」という放送をする前にやるべきことがあるのでは?と突っ込みたくなりますが・・・。

さて、これだけ暖かいと、事前リサーチで「寒い」と思って完全防寒の服装で来られたインバウンド客の方々も多く、
見ていて「暑さで倒れるのでは?」と思われる格好をされている人もいらっしゃいました。

ただ、話によると東南アジア系のツーリストは暑さに慣れているので、暑い分には問題ないようです、という話もあり
「へぇ~」と納得。

日本といっても北は北海道、南は沖縄と寒冷地と温帯気候の入り交ざる国ですので、そういった情報ももっと伝わっていくと良いですね。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

羽田→長崎空港便に搭乗して

長崎に出張でした。

昨晩、羽田空港近くのホテルに泊まり、朝一の羽田→長崎空港便に搭乗しましたが空席が目立っていました。
地方空港は早朝便に集約しているのでしょうが、早すぎるのも搭乗率を下げるんだな~と。

いつもの伊丹→長崎空港便よりも羽田→長崎空港便の方が航空運賃が安いことにも驚きました。
なんだか不思議な料金体系です。

飛行機移動の世界では、もはや距離と料金に整合性がない・・・というのが現実なのでしょう。
需要に対しての料金設定、マイナスに働くとコウなるのか・・・と宿泊業界も「需給バランス」に合わさないことも必要だと実感しました。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

東京でセミナーを開催いたしました。

東京でセミナーを開催していました。

全国から多くのお客様にご参加賜り感謝!
今回は久々にセミナーご参加していただけるリピーター様も多く、時代の変わり目に情報を!という意思を感じました。

講座の後も多様なご質問をいただき、ご参加者様の向上の熱意が大きかったです。

今日の講義内容が一つでも皆様のお役に立てれば幸いです。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

普段人のいない場所に大勢人を集めるということ

近所を歩いていると住宅街とは思えないほど派手な服装をされた方々が大勢歩いておられました。
近くのコンサート会場でコンサートがある影響かと思われますが、公共のスペースが占拠されているような感もあり、違和感が・・・。

コンサート会場近くに出店や椅子テーブルが置いてあるのですが、それ以上にお客さんが集まっているせいか、それらを収容しきれない・・・という状態でした。

大いに盛り上がってもられば良いと思いますが、コンサート終わりのポートライナーは何度か遭遇したことがありますが山手線もびっくりの混雑具体です。

普段人のいない場所に大勢人を集める、ということによる対策(移動手段やたむろする場所づくり)などは議論の対象になるな~と。そんなことを考えながら足早に通り過ぎた次第です。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】

旅館は休んではいけないか?

先日、あるクライアント先旅館様で伺った話です。

お客様からご予約のお電話があり、ご指定の日がちょうど休館日だったので「休館日です」とお答えすると、
「旅館は休むな!俺が泊まると言ってるんだから開けろ!!」とブチ切れられたとか。

某媒体経由のお客様で、その後、某媒体担当者から電話があったそうなのですが、旅館の担当者様が「旅館は休んではいけないのですか?」と逆に聞くと「そうですよね」と納得された、とのことです。

休館日といっても、温泉パイプや館内電気施設のメンテナンスなどの設備修繕など営業を行っていては実行できないような工事が山ほどあります。365日営業のコンビニスタイルはうたっていないわけで、時代錯誤な感が否めません。

働き方改革と共に、意味不明な押し付けの改革も求めていきたいものです。

■観光文化研究所公式HPはコチラ。

◆ブログでは書けないDEEPな内容!?メルマガ登録はコチラから。

ブログランキング参加しております。更新の励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気blogランキングへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】
メールマガジン登録
プロフィール

大坪敬史

Author:大坪敬史
大坪 敬史

関西学院大学 文学部地理学科卒。
民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。
世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSフィード
FC2カウンター